‘2013/06’ カテゴリーのアーカイブ

2013/06/30

2013/06/30

r07015dn4-0043022

皆様、いつもご覧くださりありがとうございます。梅雨空が続くこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。

お天気は今ひとつですが、明日から7月。気持ちはスッキリ明るく迎えたいものですね。ここしばらくは、そんな気持ちになれるような画像を届けていきます(^^)/

2013/06/26

2013/06/26

r07015dn4-004300

皆様こんにちは。今日もご覧くださり光栄です。

今日の画像は、今までアップしたことのない丘です。ここに立ち寄り、表から見ると、reiの撮影スイッチはあまりONにならないのですが、じゃあ、裏手に回ってみようと、暗い木立に入っていくと・・・ご覧の風景が広がっていました。暗がりの白樺の木立がポイントになった色とりどりの畑の風景。ありがたくいただきました。

2013/06/22

2013/06/22

07PICT0043

2013/06/18

2013/06/18

r07014dn4-00420023

皆様、こんにちは。いつもご覧くださり、ありがとうございます(*^_^*)

今日の画像は、久しぶりに北海道の美瑛の丘です。時期は8月上旬。一面に広がる花は、なんの花かご存知ですか?ハイ、その通り、「とうもろこし」です。

この時期の美瑛を訪れると、どこかで必ずといっていいほどお目にかかれます。向こうの景色が見えないくらい、ものすごく背が高いんです。粒がぎっしり詰まっていそうな大きく太い実がついていて何ともすごい迫力。ゆでたてをいただくと、想像を超えるジューシーな甘さ!毎年、お土産にどっさり買い込んで、食べ続けています♪このおいしさを知ってしまうと、他のとうもろこしは、食べられない~。友人にお裾分けすると「コレ、いったい何もの?」と言われました。

さて、この「とうもろこし」ですが、この辺りの観光客が通るような道路沿いのお店には「とうきび」とか「ゆでとうきび」とかののぼりがあがっています。初めてそれを見たときは、「とうきびってなんやろ?」と思っていたreiですが、いつの間にか、すっかり「とうきび」という言葉に慣れてしまい、今では自宅付近の店頭で見かけても、「とうもろこし」とは言わなくなっちゃってます(笑)。

そこで、「とうきび」と「とうもろこし」の呼び方の違いを調べてみると、「とうきび – 北海道、山形県北部、石川県、福井県、香川県、愛媛県、山口県西部、九州などで呼ばれる」とのこと。全国各地で数十種類の呼び方があるそうでビックリ!

皆様の地域では、なんと呼ばれているでしょうか?ことばっておもしろいものですね。

2013/06/16

2013/06/17

アートクラフトマーケットに出展します(^^)/

皆様、暑い毎日が続いていますが、お元気でしょうか?

このたび、下記の通り、8ヶ月ぶりの出展をすることになりました。

今回は、人気のポエム入りポストカードを単品で一挙公開する予定です。今まで作り続けてきた自作のポエム、数えてみたら70種類以上!特別の企画なので現品限りです。

HPにはアップしていない画像もたくさんあります。是非是非お越しください。お待ちしていま~す(*^_^*)

2013年 7月 13日(土)11:00~18:00
場所 :クリスタ長堀 滝の広場
          地下鉄御堂筋線:心斎橋駅
             四つ橋線:四ツ橋駅
              堺筋線:長堀橋駅
          長堀鶴見緑地線:心斎橋駅/長堀橋駅
                以上の地下鉄が直結しています

2013/06/14

2013/06/14

06 r21

2013/06/10

2013/06/10

06r19

2013/06/06

2013/06/06

r07010dn4-00370012

皆様こんにちは。いつもご覧くださりありがとうございます。

今年の梅雨入りは早く、晴れた日には暑いほどの気候。お身体の調子、崩されていませんか?ちょっと気持ちを明るく持ちたいので、今日の画像はポピーです。

ビタミンカラーのオレンジで、皆様がこの季節を元気に乗り越えられますように・・・。

2013/06/02

2013/06/02

r07005dn4-00300033

皆様、こんにちは。いつもご覧くださりありがとうございます。

さて、6月に入りました。今月の幕開けは竹林です。前回の画像と同じ竹林。ここは、reiの家の近くにある氏神様の竹林です。本殿のすぐそばには、春はサクラ、秋は紅葉と季節を感じさせてくれます。特に紅葉は圧巻で、今までアップさせてもらった紅葉の画像は、このあたりの頂き物が大半です。

でも、参道へ向かう傾斜のある石段を囲むようにそびえ立っているのが、この見事な竹林。本殿に向かうまでのこの石段を登ると、自然と気持ちが引き締まる。昼間でも光を少ししか通さない苔むした樹木や草花の香りと冷ややかな空気は、こころを落ち着かせ、浄化してくれるように、心地よく感じられます。

すくっと真っ直ぐに伸びゆく竹。この場の厳かな空気を醸し出す竹。じっと立ち止まって眺めると、日頃の自分を振り返り気持ちをリセットさせてくれる貴重な場です。