2016/02/26

DSCF2431

皆様、こ・ん・に・ち・は・・・

今日は悲しいお知らせがあります。昨日のニュースで、美瑛のある一本の木が切り倒されたと報道されました。ご覧になった方もおられるかと思います。

毎年、ほぼ毎回会いに行った大木。無残に切り倒されて雪の中を引きずられていく痛々しい姿が映っていました。その木の名前は「哲学の木」。見る方向からしたらちょっと傾いていて、考え事をしているような姿から、その名前が付いたようです。

昨年の夏、いつものように会いに行ったところ、広範囲にわたって縄が張り巡らされ、上のような看板があちこちに立っていました。近年、畑内に入り記念撮影などをする観光客が増えたようで、数年前から「畑の中に入らないでください」というような注意書きが、美瑛内で見られるようになっています。

なぜ、畑の中に入ってはいけないのか?ちょっとぐらい入ったところで何の問題もないのではないか?と思う方もいるでしょう。「私有地だからダメ」「他人の敷地内だからダメ」と考える方もおられるでしょう。もちろん、それもありますが、それだけではありません。

「靴に付いた異物が畑に持ち込まれてしまい、作物に悪影響を及ぼすから」です。

美瑛の美しい風景は、人為的に作られたものではありません。観光客来訪目的で植えているのではない。地元の方々の生活の場、暮らしを営むための仕事の場なのです。愛情を注ぎ、育てている作物に、深刻な被害が出ているという話も聞きます。そんな生活の中で生みだされた風景なのです。その風景を見続けたいなら、守り続けたいなら、地元の方々に感謝の気持ちを持って来訪し、最低限のマナーを守っていきましょう。私たちの美しい国を守るために・・・

タグ:

コメントは受け付けていません。