‘朝霧’ タグのついている投稿

2013/08/26

2013/08/26

08 PICT0011

皆様、こんにちは。

この朝霧、前方がはっきり見えない砂利道。そして、木立・・・。

意外と思うかもしれませんが、この画像は7月中旬の5:00過ぎ。麓郷展望台へ続く道。夏の早朝は朝露が残っていて、こんな霧が立ちこめることもしばしば。昼と夜の寒暖が激しい日には、夏にもこんな風景に出逢えます。

2012/10/04

2012/10/04

r1003-0020

2012/09/30

2012/09/30
r10081458

 こちらも前回の投稿(9/26)と同じ千代田の丘。西側の風景です。

 この塔はおなじみの美馬牛小学校。美瑛の中の建物は、その土地に調和したものが多くて,それも魅力です。この地に行くたびにスポットとして撮りこむことが多いのですが、遠いところからの撮影で、なかなか会心の出来栄えに至りません(>_<)まだまだ通い続けそうです。

2012/06/04

2012/06/04

r09013dn6-03390020

皆様、こんにちは。いつもご覧くださりありがとうございます。

6月に入って初めての公開です。ですから、今日の画像は一日の幕開けの朝霧。たくさん登場する朝霧の中でも,この画像は初めて撮ったもの。朝霧のベストスポットを探しつつ初めて一面に見えた白い風景に心奪われて撮った一枚です。、霧はあっという間に消えてしまうものですから、どのように撮るか構図を迷っていると、もう会えないかもしれない!と緊張しながらシャッターを押しました。

特段スポットは写っていませんが、雄大な大地が眠りから覚めつつある、水墨画のような黒の濃淡をお楽しみください。

2012/05/26

2012/05/26

r09013dn6-03390011

2012/05/22

2012/05/22

09 PICT0003

この山、横たわっている人の顔のように見えませんか?朝霧の中浮かんだ十勝連峰です。、

2012/0430

2012/04/30

r09013dn6-03390024

こちらの画像は秋の朝方。初めて秋の美瑛に来た目的の一つは、この風景を撮るため。願ったような晴れ間は出ませんでしたが、視界一面の朝霧は、まるで夢の中にいるような不思議な感覚・・・。

まだ辺りがうす暗いうちから宿を出て、秋にしては寒すぎる朝のひとときは、あっという間に終わってしまうはかなさ。それだけに、より一層の美しさを感じさせてくれるのかもしれません。

しばらくすると、朝のまぶしい光が差し込み始め、その日はすばらしく青い空に恵まれた一日になりました。朝の霧と青い空。同じ地にいてあらゆる姿を見せてくれる美瑛は本当に魅力的な場所です。

ちなみに、この塔は、美瑛では有名な美馬牛小学校。まるで教会のようなしゃれた塔の窓には鐘がつるされてあり、大自然の中に違和感なく溶け込んでいます。

2012/03/30

2012/03/30

r03006dn2-00400009

 こんにちは(^^)/ いよいよ新年度が目前となっていますね。今日は今年度の締めくくり。画像の思い出を綴ってみたいと思います。

 ここは、毎年お世話になっている富良野麓郷のペンション前。住所はまさに「別天地」。今のオーナーさんのご両親が、若い頃、この地に足を踏み入れ辺り一面の唐松林を開墾して移り住んだ場所で、その場所を「別天地」と名付けたそうです。アスファルトの道から2km。どれだけのご苦労があったか、思いはかることもできません。本当に頭が下がる思いです。そこは、ペンション以外は辺り一面何もなく、晴れた夜には満天の星空、天の川にまで出逢えます。

 前置きはさておき、この画像は何時に撮影したと思います? 朝の3:00です。相方Hideの誘いを受け、外に出てみて出逢った光景です。真夏とは言えど、この時間は涼しいを通り越して寒い。ピンとすんだ空気に見渡す限りの朝霧と牧草ロール。朝に弱いReiもこのときばかりは、しっかり目が覚めました。今日の一日の始まり、今日も素敵な一日になりますように・・・と願って、あまりの寒さに部屋に戻りました。

 残念ながら、今はこの土地はビニールハウスに覆われて、この光景を見ることはできません。だからこそ、心に残る思い出の一枚です。

2010/11/14

2010/11/14

r03006dn2-00400009