‘畑’ タグのついている投稿

2016/01/10

2016/01/10

長らくお待たせしました。復活します!

皆様、ご無沙汰しておりました。reiです。長らく休暇をいただいて、久しぶりに復活します。
お休みをいただいている間にも、撮影には行っていましたので、たくさんの写真達が出番を待って
います。少しずつ、「顔見せ」させていきますので、これからも、よろしくお願いします(^_^)v

さてさて、今日の画像は、今年の年賀状に登場した子です。
毎年出させていただいているお年賀には、前年に撮影した春夏秋冬の1枚ずつを載せています。
この子は「春」。初めて行った場所です。茶畑が織りなす風景が美しく一目惚れ!
お天気は今ひとつでしたが、そんなのなんてことはない。あっちからパチリ。こっちからパチリ。
上へ行ったり下へ行ったり、手前から、奥から、と、た~くさん撮らせてもらいました。
ちなみに、昨年の出展の際も、一番を争う人気の高さでしたよん(^^)/

DSCF2173 (1)

2014/03/08

2014/03/08

r1001-0011

2013/09/04

2013/09/04

r08007dn2-00670012

皆様、こんにちは。9月が始まりました。暦の上では秋ですが、暑い日が続いていますね。いつかは涼しくなるのですから、明るく気長に秋を待ちましょう ♪

さて、今日の画像の思い出です。

なかなかすっきりと晴れないこの場所。今まで一度も最高の青空の下で撮ったことがありません。この木はかの有名な「ケンとメリーの木」。かつて、 CMに使われた木の一つで、観光バスも止まることが多いです。たいていの方はこの木の根元に行き、木をバックにしてシャッターを押されますが、私たちは、 いつも、人がいない斜めからの撮影に臨みます。そうすると、ポプラのすくっと立った美しさとその前にある畑の作物の色彩を一緒にいただけるのです。

この年は、キガラシの黄色が映えて何ともありがたい風貌。パチパチ撮っていると、現れたのはトラクターに乗ったおじさま。え?もしかして?と思った 予感が的中。キガラシ畑に入り、トラクターで、次々になぎ倒していかれました。このキガラシも前にお話ししたヒマワリと同じ運命。そう、緑肥になるために 植えられたものだったのでしょう。数十分後には、この光景は見られなくなりました。

2012/01/10

2013/01/10

hDSC2904

 皆様、こんにちは。今日もお年賀の画像特集です。今日は夏の写真。hideの作品です。

 おなじみ、美瑛町のトウキビ(トウモロコシ)畑。8月前半になると、背の高いトウキビ畑はあちらこちらで見られます。この時期の美瑛や富良野の町中では、朝採りゆでトウキビが売られていて、必ずといっていいほど、なじみのお店で一人一本ずついただきます。それはそれは大きくて身のぎっしり詰まったトウキビ。一粒一粒がジューシーで甘~い。一本が大きく食べ応えがあるので、reiはそれだけでお腹ががいっぱいになっちゃうほどです。こちらのお店で、メロンとトウキビをお土産にわんさかと買って帰るのは、最終日の予定表にきっちりと入っていますよん♪

 

2012/11/18

2012/11/18

r1006dn2-00110024

皆様、いつもご覧下さりありがとうございます。

今日の画像は、富良野です。この笠をかぶったもの、広大な畑に等間隔で何列も整列してします。なにかわかりますか? 実は、刈り取った豆を乾燥させる「ニオ」と呼ばれるものなんです。

この姿でならんでいるのは、私の知るところでは、美瑛にはありません。美瑛ではもっと背が低くて、ぽっちゃりしたかわいいお子様という感じ(*^_^*)富良野のこの場所では,背高のっぽのかっこいいお兄さん。お兄さんはうーんと背が高くて、バレーボールやバスケットボールのアスリートさんよりも,まだ背が高い!積み上げ作業をしているところは,残念ながら見たことはないのですが、さぞタイヘンな重労働なんだろうなと思います。

 この地の風景を次の世代にも見せてあげられたら・・・と願う私にできることは、この北の大地の食べ物をいただくこと。ほんのささやかなことしかできませんが、今の自分にできることを実行していこうと思います。

2012/11/10

2012/11/10

r1005dn2-00080023

2012/10/08

2012/10/08

r1003-0005

2012/09/26

2012/09/26

r10081429

皆様こんにちは。9月の終わりになって、ようやく暑さも和らぎましたね。

夏バテは解消されましたか?

 さて、今日の画像は、千代田の丘。美瑛のたくさんの丘の中でも見晴らしのいいところです.。東、大雪山系をバックに撮影したものですが、右の方に見える建物。何だと思います?実は,トイレなんです。美瑛の公衆トイレは、一見それとはわからないような雰囲気のいい建物が多いですが、夏期の観光客が多いシーズン以外でも24時間中開いているトイレは少なくなってきています。

 私たちがこの地に来るのは、写真撮影が主たる目的ですから、ホテルやペンションに泊まるのは、旅程のうちの半分ほど。あとは車中泊。朝日や夕日などの撮影チャンスを考えると、チェックインが20:00頃とか早朝にホテルを抜け出すのは、食事の時間など、ホテル側には迷惑でこちらも撮影に没頭できないお話。また狙いを定めたスポットへ行く距離などを考えると、車中泊は便利でもあり必要なのです。その時に大事になるのは、やはりトイレ。一日中開いていて、就寝前や起床後も洗面や排泄ができるところです。ここは夜は真っ暗で電気がつかなくなってしまいましたが、懐中電灯があれば,快適な宿泊所なんです。

2012/09/22

2012/09/22

r1001-0026

2012/07/30

2012/07/30

r09012dn6-03370010