‘美瑛町’ タグのついている投稿

2016/02/26

2016/02/26

r05014dn2-00610031

これは、2005年夏に撮影した画像です。手前は刈り取る前の小麦畑。

この画像から生まれた自作ポエム。「とにかく一歩踏み出そう 初めは誰でも初心者です」

画像に入れ込んだポエム入りのポストカードは、よく人の手に取ってもらえる作品でした。r09012dn6-03370022こちらは、2009年夏の撮影。この先は畑になっています。

r04002dm2-006415

初めて冬に行った時に写しました。 2004年冬のものです。

 

哲学の木は、一面畑に包まれた丘に一本、ドンと立っている木でした。夏の暑い日も、冬の凍える日も、たった一人で立ち続け、堂々としたその雄大な木に、勇気をいただけるような気がして、今もデスクの前に飾り続けています。長い間、お疲れさま。ありがとう。さようなら。

2016/02/26

2016/02/26

DSCF2431

皆様、こ・ん・に・ち・は・・・

今日は悲しいお知らせがあります。昨日のニュースで、美瑛のある一本の木が切り倒されたと報道されました。ご覧になった方もおられるかと思います。

毎年、ほぼ毎回会いに行った大木。無残に切り倒されて雪の中を引きずられていく痛々しい姿が映っていました。その木の名前は「哲学の木」。見る方向からしたらちょっと傾いていて、考え事をしているような姿から、その名前が付いたようです。

昨年の夏、いつものように会いに行ったところ、広範囲にわたって縄が張り巡らされ、上のような看板があちこちに立っていました。近年、畑内に入り記念撮影などをする観光客が増えたようで、数年前から「畑の中に入らないでください」というような注意書きが、美瑛内で見られるようになっています。

なぜ、畑の中に入ってはいけないのか?ちょっとぐらい入ったところで何の問題もないのではないか?と思う方もいるでしょう。「私有地だからダメ」「他人の敷地内だからダメ」と考える方もおられるでしょう。もちろん、それもありますが、それだけではありません。

「靴に付いた異物が畑に持ち込まれてしまい、作物に悪影響を及ぼすから」です。

美瑛の美しい風景は、人為的に作られたものではありません。観光客来訪目的で植えているのではない。地元の方々の生活の場、暮らしを営むための仕事の場なのです。愛情を注ぎ、育てている作物に、深刻な被害が出ているという話も聞きます。そんな生活の中で生みだされた風景なのです。その風景を見続けたいなら、守り続けたいなら、地元の方々に感謝の気持ちを持って来訪し、最低限のマナーを守っていきましょう。私たちの美しい国を守るために・・・

2016/01/13

2016/01/13

201507A_dn5-01490035皆様、こんにちは。いつもご覧くださり、ありがとうございます。

今日は、今年のお年賀「夏」のご紹介です。

10数年通い続けている北海道美瑛町。美瑛町の道はほとんど制覇(笑)している私たちですが、ここは初めて!お気に入りの場所へ向かう途中に通る道や、アドベンチャーで地元の方しか通らないだろうと思われる道などは、まぁたいてい好奇心旺盛で行ってみるのですが、この道を通っていないことをreiは気づいていませんでした(相方hideはちゃ~んと知っていたんだって・・・)。

行ってみてビックリ!遠方に見える丘がとても素敵なんです。この画像では小さくて見えにくいのですが、小麦畑に配置よく木々が立っていて、ちょっとメルヘンチック。この場所もお気に入りの撮影スポットになることは間違いなしになるでしょう。中でも、この画像は、空、雲、道を意識して撮ったようです(hide撮影)。雲の伸びやかさやどこまでもまっすぐに走る道に引き立てられた美瑛の丘を感じ取ってもらえたら光栄です。

2014/08/26

2014/08/26

11PICT5195-001皆様こんにちは。

この画像は、マイルドセブンの丘の裏手から撮った一枚。ここから撮影する人はほぼいないと思います。手前が影になっているでしょう?実は、木立の木をかき分けかき分け裏手にまわり、皆さんが撮影スポットとする木立をバックにして撮ったものです。

こんもりしていて、まわりに何もない唐松林。あの巨匠写真家、今は亡き前田真三氏の写真集に載っている木立を探し続けています。この木立じゃないかなぁ?と言いつつ収めたものです。

2014/08/22

2014/08/22

11PICT5187-001皆様こんにちは。

あの黄色の絨毯は、キガラシの花。観賞用ではなく,やはり緑肥になる運命の花々です。

2014/08/18

2014/08/18

11PICT5184-001

2014/08/14

2014/08/14

11PICT5174-001皆様、こんにちは。お盆で帰省しておられる方、いやいやいつも通りお仕事されている方、家でゆっくりなさっている方、できることなら,どんな状況でも、いつも心豊かに過ごせるといいですね。

今日の画像は、ここ数回にわたって見えていた木立に近づき、生き生きした様子をとらえてみました。

2014/08/10

2014/08/10

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA皆様こんにちは。

お待たせしました。ハイ、前回の答えは・・・これでおわかりですね。ズームで撮影してみたら、「人」です。麦畑の手入れをなさっている方です。この果てしなく広い麦畑をこうして毎日毎日・・・本当に頭が下がります。

これだけの世話をなさったものを,私たちは安い値段でいただくことができる。国内自給率が数パーセントしかない国産小麦が今後も生き続けられるよう願う私たちにできることは何か?それは、これからも国産(北海道産)小麦を買い続けること。何のお手伝いもできないけれど、国産のものを食べ続けること。それが、日本のこのすばらしい風景を守ることにつながるのです。

2014/08/06

2014/08/06

11PICT5160-001皆様、こんにちは。いつもご覧くださりありがとうございます。

今日の画像、「前回と同じ場所?つまんなーい」なんて言わないで,よーく見てください。画像の中心から少し下の少し右のあたり。んんん?何か見える・・・さて何でしょう?答えは次回に(^^)/

2014/08/03

2014/08/03

 

11PICT5156皆様、こんにちは。8月に入って一段と暑くなりますが、お元気にされていますか?

今日の画像は、マイルドセブンに向かう道の途中。小麦畑が広々と広がっている様(さま)に恋をして、パチリパチリ(^o^)。この場所も、毎年通るのですが、この年は小麦。初めてです。バックの唐松林とのコンビが素敵でした。